2009年08月15日

脳出血 前兆

ある日突然発作に襲われる!

脳出血の発作は突然起こることが多く、
その多くは、前兆となるような症状がほとんどありません


“自分には関係ない”
この考え方は大きな間違いです


現代、食生活や生活パターンの乱れなどにより、
今まで何事もなかった人が、突然発作に襲われるケースが増えてきているのだそうです



自分や家族に、いつ起こるかも知れない「脳出血」

せめて、脳出血の前兆(前触れ)を知っておけば、
いざというとき、早い対応ができるかもしれません




そこで、、、まず始めに、
脳出血・くも膜下出血等の「要因」についてまとめていきます

-----------
■要因1:加齢
若い人も脳出血・くも膜下出血に襲われることは十分あります
しかし、一要因として、加齢が挙げられます


■要因2:高血圧
高血圧は脳出血の患者数が多いことは大いに考えられています


■要因3:飲酒
毎日多くのお酒を飲む習慣のある人
特に脳出血を引き起こしやすいといわれています


■要因3:喫煙
タバコですね。
喫煙者は脳出血の患者数が多いです。 タバコは何ひとつ良いことはありません


■要因4:遺伝
脳出血、くも膜下出血は、遺伝の場合も実は多いといわれています

家族(両親や兄弟など)に脳出血・くも膜下出血を起こした経験のある人がいる場合、
そうでない人に比べて危険度が高くなるとされているのです
-----------





続いて、
脳出血・くも膜下出血の「前兆」についてまとめていきます


上記にも書きましたが、「脳出血」の発作は突然起こり、
前兆となるような症状がほとんどないのが特徴である大変怖い病気

但し、「わずかな前兆(前触れ)」があるといわれています

-----------
■めまい
■激しい頭痛
■立ってしっかりと歩くことができない
■気分が悪くなる、嘔吐(おうと)す
■激しい肩こりを感じる

など
---------

例えば、、
・風邪など思い当たる病気がないのに頭痛が続く
・頭痛がだんだんひどくなる

このような症状が続くようでしたら、専門医になるべく早く相談されることをおすすめします!脳出血の前兆(前触れ)の可能性があるからです




脳出血・くも膜下出血は分かりにくい病気かもしれません

しかし、前兆(前触れ)を頭にいれておくことで、
いざ「今までと何か違う。。。なんだろう」と疑問を感じ早期治療をしたら、
手遅れにならずにすむかもしれないのです



posted by nou2Health at 14:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

脳出血 症状

脳出血の症状は、「脳のどの部位に出血が起こるか」
によって異なるといわれています

脳出血の症状も数多く 食い止めたとしても、様々な障害となります
また後遺症などが残ることもあり、その場合は後遺症との闘いが待っています



自分には、「脳出血」という言葉を最も身近に感じた出来事があります
それは、若干21歳で亡くなったという人気モデル純恋(すみれ)さんの悲しい訃報

私は21歳で脳出血になるなんて考えてもいませんでした

今まで若者のかかる病気ではないと思い込んでいたわたしは
大変衝撃を受けました




この訃報があって、
「健康診断・人間ドック、 更に、脳ドックの“必要性”」を強く感じました


----------
健康だから大丈夫。
自分はまだまだ若いし。
悪いところなんてないよ。
----------
もしあなたが、
健康診断・人間ドック・脳ドック等を受けておらずこのように思っているのであれば、すぐに一度検査を受けてみるべきです





次に、、、
脳出血には、どのような症状が現れることが多いのでしょうか?
少し挙げてみましょう


●。脳出血の症状

・体の麻痺(マヒ)
・頭痛・めまい
・構音障害
・感覚障害
・意識障害
・失語

このように、脳出血は、様々な症状を引き起こします
少しでもおかしいなと思ったら、すぐに専門医に相談されれることをおすすめ
します






また、、、
「健康診断」は会社に勤めている場合「義務」であることをご存知でしょうか?




社会人になると、体を動かす機会が少なくなったり、残業などで生活のリズムが不規則になったりすることが多くなり、どうしても体を壊す確率は上がってきます

そのため、正規雇用されている労働者、
つまり正社員については全員が健康診断実施義務の対象となるのです

そして、契約社員などの場合も、契約の更新によって1年以上の雇用が見込まれる場合や、アルバイトやパートとして働いている場合でも1週間の労働時間が社員の4分の3以上あるときは、社員と同様に、健康診断の対象となります




この「健康診断」は、こういった義務の制度により
多くの会社が実施しているかと思います

しかしこの「健康診断」では残念ながら
脳の検査までしてくれません、、、

健康診断同様、人間ドックも、首から下の検査がメインとなります
そのため、大抵の場合は、脳の検査そのものがない場合がほとんどなのです



ですから脳出血などの病気を未然に防ぐためにも
「脳専門の検査=脳ドック」を検診する必要なのですね!




まだ一度も検診を受けたことのない方、
大切な家族、パートナーのためにも、、、

一度「脳ドック」
受けられてみてはいかがでしょうか?


posted by nou2Health at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

脳ドック 検査内容

現代の3大死因からみても
「脳ドック」の必要性はお分かりでしょう


では「人間ドック」では行わない、「脳ドック」の検査とは、
一体どのような検査内容なのでしょうか?

費用もそれなりにかかるので気になるところですよね!



脳ドックの検査項目は、病院によって若干異なりますが、
検査する内容はそれほど大差はないかと思います



「脳ドック・脳検査」というだけで緊張してしまって
手に汗握る状態なのは自分だけでしょうか?(*_*)

そんな自分と同じような方にも、、
予め検査内容を掴んでいただき、リラックスして脳ドックを受けていただければ幸いです

ここでは、大まかなイメージだけ掴んで頂けたら思います




●。脳ドックの主な検査内容。●


・血圧測定

血圧測定の検査結果、近年の三大成人病等にも大きく影響しています
高血圧は、脳卒中の引き金になる場合が多々あるので、結果をしっかり把握するようにしましょう
また、万が一高血圧だった場合は対策を考えましょう



・眼底検査

視力の検査ではなく、あくまで動脈硬化をの進行度を知るための検査
瞳孔のさらに奥にある眼底を検査します



・心電図

心臓の筋肉から発生する電気信号を、体につけた電極から検出します
緊張しすぎると健康な人でも「異常あり」の数値が出ることもあるので、
リラックスして受けるようにするとよいでしょう
そうはいっても、緊張しますよね、、、(*_*)


・MR検査

MR検査は、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、などを
早期発見・予防するための検査です



・MRI(磁気共鳴画像診断)

脳を切開することなく、脳内部の状態を確認できる設備です
近年では造影剤を使用しないため、副作用の心配も少なくなりました



・MRA(磁気共鳴血管造影)

血管の様子を再現し、脳動脈瘤などの発見を目的とした検査で、
脳の主要な血管に異常が無いか確認する検査です



また、その他、多少の検査項目の違いはあります
採尿、身体計測、採血などの追加検査項目もあると思います

なお、病院ごとに検査項目は異なりますので、
ご自分の脳ドックを受ける病院へ問い合わせしてみてくださいね!


posted by nou2Health at 12:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめリンク集
保証人なし融資 派遣社員 融資 銀行系カードローン 銀行ローン 審査 銀行ローン 種類 銀行ローン 借り換え 銀行 融資 個人 低金利 融資 低金利 ローン フリーローン 低金利 フリーローン 低金利 銀行 フリーローン 担保不要 融資 保証人不要 融資 担保なし フリーローン 融資 現金振込 低収入 銀行ローン 低所得 お金借りれる 低学歴 お金借りれる 低賃金 カードローン 即日 現金振込み 主婦パート お金 カードローン 即日 低金利キャッシング 担保不要 フリーローン 銀行ローン 金利 収入が少ない お金借りれる カードローン 種類 年金受給者でもお金借りれるカードローン借り換え アルバイトでも借りれる アットローン 主婦借りれる 主婦キャッシング お金借りる モビット 個人融資 個人ローン 無担保 個人ローン 生活費ローン 母子家庭 生活費 カードローン限度額 無利息カードローン



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。